フォルスクラブで香港に行くなら、何語を話せればいい?


触り程度でしたら、海外旅行に行った人のブログを
眺めるだけである程度のことは分かります。
逆に言えば、そうしたブログが存在する(ネタとして書ける)ぐらいには
異国と母国の文化に違いがあるのです。

香港を例に取ります。
フォルスクラブもよく香港に海外研修しているそうです。
ただし、フォルスクラブの香港旅行はビジネスエリアオンリーだと思いますので、
香港旅行でよくあるミステイクは発生しないと思います。

識字率が100%なのは日本ぐらいで、香港で生活している方の中には、
キレイな中国語の読み書きができない方もいるそうです。
単純に、英語と中国語と広東語が入り混じっている世界でもありますので、
学ぶ方も大変かもしれませんね。
私たちもいきなり外国人に英語で尋ねられても、上手く答えられないと思います。
それと同じです。
訛りの強い広東語で話せば香港人と意思疎通が取れますが、
それ以外の言語では全くと言っていいほど何を言っているのか分からないそうです。
中国語と広東語は訛り程度の違いだそうですが、本場の秋田訛りを一度でも聞けば、
その訛りの苦しみを理解できると思います。
英語が達者な人でも、香港の屋台で自分の要求通りのモノが注文できるとは限らないのです。

ただし、ビジネスエリアは別です。
少なくとも、フォルスクラブの香港旅行で利用する銀行口座の職員などは、
確実に大学は卒業していると思います。
言語も余裕で3か国語ぐらい喋られるかもしれません。
世界中から観光客が押し寄せてきますので、バイリンガル、トライリンガルは基本なのです。
フォルスクラブで香港に行く際は、キレイな英語を喋られれば大丈夫です!
屋台に行くなら、訛りの強い広東語を学んでから挑戦してください!!